2005.7.13
公私ともに、ばたばたとした日々を送っている。
ま、あとわずかで脱出できる見通しがついているからがんばれるのだが・・・。
毎日自宅につくのが、深夜になる。さかぽんパパも忙しそうで、彼は、帰ってこない日が多い。
長く会ってないなぁ〜と、思っていた時。
「今日は、ちょっと早く帰れそうなので、食事しよか?」の電話がはいった。
うれしい。しかし・・・わたしが早く帰れない。でも一緒に食事をしたい・・・
という思いから。一度19:00すぎに食事に出かけて、また仕事に戻るという、決断を私は、くだした。

そして、食事、久しぶりで楽しい・・・
楽しい時間は、あっという間にすぎで・・・

さかぽん「そろそろ、仕事に戻るわ」
さかかぽんパパ「そっか・・・大変やなぁ、頑張りや」
さかぽん「うん、パパは帰るねんやろ」
わたしは、(今日は早く帰れる)というパパのセリフを覚えていたので、
内心、少しは、先に帰って、家の用事をしてもらえるかな・・・なんて、ずうずうしい考えをしていた。
さかぽんパパ「いや、それが俺もちょっとあって、事務所に戻るんや」
さかぽん「そうなんや、パパも大変やなぁ・・・ほな」
と、21:00少し前に、食事場所をあとに、別れた。

それから・・・20分もたたない時間に・・・パパからのメール。

文面をそのまま、紹介しよう

「最近は、いかがおすごしですか?いま嵐山のバーで飲んでいます」

どういう事だ・・・どういう事だ・・・どういう事・・・仕事に戻るといって・・・20分後・・・
「ばぁ?」「あ・ら・し・や・ま?」
「ばっばっ・・・ばぁ〜」
お前の職場は、太秦やろっ!
はぁ?「さいきんはいかがおすごしですかぁぁぁ?」
誰にメールしとんねん。
「いかがおすごしですかぁぁぁぁ?・・・はぁ?」
完全に間違えて、送信しているようだ。
時間は、21:30・・・
むかついた、わたしは、新規でパパにメールをした

「思ったよりも、仕事が早く終わるわ、22:00には、帰れそうです」
と、打ってやった。
ふん、誰かを誘い出して、「あ・ら・し・や・ま・のばぁ」で飲もうと思っている、奴の反応は・・・
リターンメールが帰ってきた

「俺も、それくらいに帰れそうです」

ど・あ・ほぉぉぉぉ〜。ひぇぇぇぇ〜。おまえ、飲み出したとことちやうんかぁぁぁぁ!

あんまり
むかつくので、リターンメールは、短く・・・

「あっそ、帰れるの?嵐山のバーから?」
と、打ってやった。

しばらくリターンが来なかった・・・
「えっ、なんで・・・知ってるの?」と、右往左往して、
送信履歴を必死に見ている、姿が目に浮かんだ。
ま、俗に言う、「パニック」というやつですか・・・がはははは。

しばらくして来たメールの内容は

そやで、監督とちょっと飲んでて、他のスタッフにメールしたつもりが、間違っていたみたいやね」

と、きたもんだ・・・

「そやで」「そ・や・で」「そ・や・で」でっせぇ〜。
この、歴然たる、肯定の3文字・・・ゆるぎなく、隠し事はしていないという、
「そのとおり、あたりまえやん」の姿勢を見せつけるかのような
3文字・・・
「そ・や・で」

ま、みなさん・・・この後、どうなったかは、ご想像におまかせしますが・・・
くれぐれも、メールは、配信先を確認してからにしましょうね。






もどる