2001.9/17(月)晴れ
9/15〜16と、フォレストステーション羽賀(兵庫県)へキャンプに行った。いつものメンバーなんだけど・・・なんだか、ちょっと、ほんの少しだけど・・・様子が違う・・・かなり最後の方のチェックインだったけど・・・いつもなら、到着した時に、皆がそれぞれに集まってきて、「ああでもない」「こうでもない」と・・・近況報告をしたりして・・・立ち話になるのに・・・なんだか、皆が少し、距離を置いているように感じた?なんだろ?わたし・・・なんかいらん事したかな?う〜ん・・・天気のせいかな?それとも・・・6時に宴会開始という時間が決められているので・・・皆、仕込みにいそがしーのかな、とか・・・いろいろ考えた・・・ま、いいかと、いつものように宴会場のデカタープを張ろうと出すと、皆がさっさっさっと寄ってきて、たったったと、皆が張る・・・なんと、レクタのLを3分かからずに設営。こんな事は・・・いまだかってないことだ・・・。もちろん、いつも手伝ってはくれるが・・・こんな事務的な感じではない・・・そして、設営したかと思うと・・・また、皆、すっーと自分のサイトに戻っていく。うん?なんだ?どうしたんだ?なんかへんだ・・・・?いや、気のせいかもしれない・・・とおもいながら、20分遅れで・・「カンパーイ!」となった・・・・すると・・・いままでの、皆のいつもと違う雰囲気の理由がわかった。「カンパーイ」の幹事のRAMちゃんの音頭と同時に、お姫様の冠が私の頭にのせられて、でっかいケーキが目の前に出てきて・・・プレゼントがで出来て、皆がいっせいに、クラッカーをならしてくれたのだった・・・それは、リハーサルでもしたかのように、一瞬の出来事で、皆の息がぴったりの、よく、テレビの番組であるような・・・あれである。そう、お誕生日を祝ってくれたのです。ほんとうにびっくりしました。なんかみんな今日は・・・つめたいなぁ〜と感じていたのは・・・とりあえずわたしに、バレないよーにすためだったらしく・・・その前から、ネットメールでいろいろと作戦は、ねられてたようで・・・どうりで、ネットであんまり「お誕生日おめでとう」を言ってくれなかったわけで・・・自宅でお祝いしてもらった時にパパが買って来てくれたケーキの写真をトップページにアップしたときも、裏では、「あらら、さかぽん・・・ケーキアップしてるでぇ〜」となっていたようで・・・・微妙に、お芝居のできない・・・ウソのつけない、メンバー達は、無意識に、さかぽんに接触しないようにしていたという事だったようだ・・・
だから、本当に、どでかいケーキが目の前に来た時には、ほんとうにびっくりしました。
きっと、RAMが、「ええか、まーちゃん!絶対ばれたらあかんでぇ〜」「ゆっかちゃん、あんたは・・・・ぽろっと、言うてしまうから・・・・本番までさかぽんとは、しゃべらんとき!」とか・・・・いろいろ、あったかもしれないなぁ〜。
だってね・・・・さかぽんパパと並べて宴会場に椅子を置いたのに、「ちゃう!さかぽんは、ここ!」とかって・・・・RAMちゃんが、怒ったように、私の席を勝手に決めるんですもの・・・・「なんでぇ〜」と思ってしまいましたわ(爆)

ネットを始めてよかった、そして、こんなにいい仲間に出逢えてほんとうによかった・・・・という気持ちと、本当は、いつも・・・この手の事を繰り広げる側にいたので・・・あまり、こういう側に、遭遇した事がなかったので、あまりのうれしさと、驚きで・・・・なんだか、涙してしまいました。そうそう、あの涙は「くっそぉ〜やられた〜」という、くやし涙ですわ(ウソデス)
一人ずつに抱きついて、キスをしたくなる(えっ?いらんてかぁ〜)・・・そんな感動につつまれて、本当にステキに時間を過ごさせていただきました。きっと、一生忘れないと思います。本当にありがとう。素敵な仲間に乾杯!

あ、そうそう・・・来年はチョコレート系のケーキにしてくれる。さかぽん、チョコレート好きやねん。


2001.9/10(月)
自宅の2Fの屋根の外側の所に・・・ハチの巣が出来ている、まだまだ、ちいさいのだけれども、ご近所の奥様方は、「どうしはるんですか?」「どうしはるんですか?」と、聞いてこられる。小さいお子さんをお持ちのご家庭には、気になる事なのだろう。ところが、とても素人ではとれる高さの所ではない。意を決して、水撒き用のホースのノズルを細くして、水圧いっぱいに、蛇口を全開にして、さかぽんパパは、びちょびちょになりながら・・・応戦する。手元では、えらいいきおいで、出ていた水も、何メータも高い位置のハチの巣にあたるころには、小川のせせらぎのようである、それでも、さすがに、水はきらいらしく・・・ひとかたまりになっていた、ハチが四方八方に飛び散りだした。ひょっとして・・・えらいことをしてしまったのではないか・・・。玄関先まで、ハチは降りて飛び回る。とても、家には、入れたものじゃない・・・そのうえ、1匹たりとも死んではいない・・・ただ、反乱を起こさせただけなのである。数十分後・・・また、ハチたちは、もとの位置に固まりだした。こりゃだめだ。

たしか、市民相談室のような所があって、駆除してくれはんのんとちがうのかなー・・・・と、いう話になり、市役所へ、さかぽんパパが電話を入れる。ハチの巣駆除は有料とのこと。「もし、ご自分で、退治されるのでしたら、網のついた帽子とか、ウェアー等をお貸ししますが・・・・それでしたら、無料ですよ」との事。自宅にできた蜂の巣退治は、有償なんだそうである、橋の下や、公園やと、公共の所にできたものは、無償なんだろうなぁ・・・。にっくき、ハチ達!しかし、水をまく、さかぽんパパにまで、攻撃をかけてきたし・・・・有償で、とってもらわなしゃーないかなーと、思っていた、夜の事。テレビで「ススメ蜂に気をつけましょう」という番組をやっていた・・・そして、その時、「はちは、黒い物に攻撃をしかけてきます」という報告をしていた。そう、画面の中では、たいそうなウエアに身をつつんだ、レポータとカメラマンがいた、ハチは、マイクの先と、カメラに攻撃している・・・ほんとうだ、黒いものに攻撃をするんだ。そして、レポータは、言葉をつづけた「ですから、みなさん、ハチは頭の髪の毛をねらってきます。白っぽい服をきて、かならず、髪の毛をださないように、しましょう」と・・・・。すると、さかぽんパパは自慢げに「へぇ〜、髪の毛に攻撃してくるねんて・・・気の毒になぁ・・・俺なんか、ぜーんぜん大丈夫やン!」「なぁ〜髪の毛ある人・・・気の毒やなぁ〜!」と、大きな声で、自信満々で言った、その時、テレビのレポータが付け加えた「そして、もうひとつ、光るものにも、ハチは、攻撃をしてきます。」と・・・・。

私と高校生の息子は、笑っていいのか、無視したほうがいいのか・・・わからないまま・・・しずかーに・・・硬直していた(笑)


2001.9/5(水)・晴れのち曇り
今日は・・・ちょー、うれしい日になった。わたしの誕生日でした。すっかり・・・忘れてしまいたくなるくらいの・・・歳だから、ほんとうに、ひっそりと・・・ほっといてほしかった「おめでとう」って言われても・・・・「なにが?」「なにが?」「なにがめでたいの?」と、聞き返してしまうくらいの・・・歳になってしまった。そう、もう、めでたくは、ないのだ・・・。
毎年・・・パパの仕事がいそがしくて・・・ぽん。とプレゼントをいただくだけの誕生日だったような気がするけど、今年は、私が締切日・・・そして、なんだか、作品の合間の為に、パパがちょっとヒマ・・・ということもあり、パパが台所をしきってくれた。おいしい、しゃぶしゃぶをいただいた上、洗い物まで、していただき・・・その上、ケーキまで・・・やっぱ、ちゃんとしたケーキ屋さん?のケーキはおいしいですわ・・・。たまには、シャトレセーゼをやめる勇気も必要やね、なんて、みみっちい事を考えていたわたしに「はい、プレゼント」と手渡された・・・なんと、しっかりした紙箱・・・・ずっしりと重い・・・・中から、たいそーな皮の箱・・・うん?ひょっとして、ひょっとして、このロゴは・・・
前々から「ほしいなぁ〜」って思っていた・・・あれ?
ぎゃーーーーやっぱり・・・・・すごい・・・・ブルガリや!ヨーグルトではありませんよ。ブルガリの時計なのです。ひぇ〜・・・・顔は、笑いっぱなしです・・・ひゃひゃひゃひゃ・・・・。
うれしい・・・ちょーうれしい・・・・。今、わたしの腕で秒をきざんでいます。ブ・ル・ガ・リ。
で・・・同じ箱が・・・なぜか、もう一つ・・・??なに?それ?なに?
「ついでに、俺もこーたわ」って・・・うそやろ?へっ?一体・・・・なんぼするとおもてんの?うわぁ〜・・・しっかり、レディスとメンズやん・・・ぎゃーーーーーペア!ペアやん・・・(笑)ペアかいなぁ〜・・・ひゃーーーーー。どうしたん?なんで、なんで?こんなにもってんの?という問いに・・・パパは答えた「ローン組んだ」って・・・。/(+_+)\。
誕生日プレゼントをローンで購入なんて・・・聞いた事ありますか?いくら、わたしが・・・ほしがっていたからって・・・パパまで・・・。ま、けど・・・このさい・・・いいか。
「ほな、返してこよか」って言われても・・・絶対、いややもん。ま、よいよい。♪
そうそう・・息子からは、愛のこもったMDが3枚・・・大好きな曲がつぎからつぎから・・・流れます。レンタルCDを録音してくれたようだ。手間のかかったプレゼントだ。うれし。ありがと。





もどる