2001.4/26(木)・くもりのち晴れ
2日前・・・坂道で・・・・MOMOが立ち往生、おうじょ〜しまっせぇ〜というて、笑ろてる場合やあらへん・・・。「D」に入れて、アクセル踏んでも、エンジン音が大きくうなるばっかりで、まるで「N」のニュートラル状態・・・あれ??クラッチが滑っているのか?なんだなんだ・・そして、私は、今、車屋さんの代車に乗っている。あーーーーー四万十川が目の前だと言うのに、「いつ出発されます?」といつも車を見てくれている原田工場長・・・「はい、5/1の夜からはしろーとおもてます」「うーーーん、じゃ5/1のお昼まで、あずかっていいですね」との事・・・うっ・・・そんなに悪いんか?たいてい、なんでも、2泊もすれば、かえしてくれたやんか!なんでなんで・・・その上「で、なおるんですよね」とこころぼそげに聞く私に、・・・・「とりあえず、詳しく見てみます」と工場長・・・・えっ?なおらんかもしれんのか?どうやねんな?あーーーー心配や。とりあえず、4/29〜5/1の2泊3日の慰安旅行、九州に出かけて、帰ってきたら、MOMOも元気になって帰ってきてる・・・と、いうことを信じて・・・。ほんまに、おもわず、こういう時に手をあわせて、どこということなく、拝んでしまう・・・典型的な日本人のさかぽんでありました。あーかみさまほとけさまぁぁあ〜。まんまんちゃん、あ〜ん!
2001.4/23(月)・晴れ
4/21〜22と、天女の里へキャンプにいった(詳しくは、キャンプレポをご覧下さい)
オープンしたばかりのキャンプ場で・・・まだ、2週間たっていなくて、その上、ディキャンプのお客様はいらっしゃったらしいが、キャンパーとしてのお泊まり客は初めて・・・との事。その上、貸切・・・。初キャンバー記念として、ワインのプレゼントをいただきました。ラッキー。しかし、数年、いや、数十年キャンプをしているが、キャンプ場はじめての泊まり客には・・・なった事がない。はじめての出来事だ・・・。なんか、うれしい。しかし、2年程前だと、新設のキャンプ場なんて聞くと、わんさか人が集まったのに・・・今年は、1月・2月・3月・・・と、出かけたキャンプ場は、貸切状態になるキャンプ場が多く、また、たいていこの日は満タンという、イベントを売りにしている、キャンプ場も、空きサイトが目立った・・・。一時期のブームは過ぎ去ったと、痛感しました。もちろん予約が取りやすくなったというので、キャンパーとしては、うれしいのだけど・・・反面、ひょいっとテントを購入して、1、2回行っただけで・・・炭がおこせないとか、雨でさんざんな目にあったとか、忘れ物で大喧嘩をしたとか・・・キャンプに対して、いいイメージをもたずに、キャンプから遠のいてしまう人達が多いのも・・・ちょっと寂しい気がする。もし・・・キャンプにはじめていくのなら、キャンプ慣れした人に連れていってもらうべきだと思う。絶対、その方が、まちがいなく・・・楽しさを早く発見出来、そして、早くキャンパーになれるはずだ。

2001.4/20(金)・晴れ
スノーピークのWGストーブを購入した。なかなか気にいったので・・もう一つ購入して、2はバーナーを排除しようかなぁ〜。けど・・・高いしなぁ・・・・と思いながら、料理番組を見ていた。チキンカレーの紹介をしていた・・・おいしそー・・・あーカレーが食べたいなぁ〜と思った。

そして、その夜に見た夢
大きな湖の横でキャンプをしている・・・なぜか、急斜面になっていて・・WGストーブが転げ落ち、湖にぽっちゃーん・・・えぇぇぇ!ショックでなきだしそーな私。突然、湖面が輝き、女神様の登場・・・あっ、絶対、あの「金の斧と銀の斧」の話や・・・両手にWGストーブ持ったはんねんや・・・わたしは、きたない方のWGストーブを・・・・指さそう!と瞬時に決めた・・そうすれば、「正直者よ、そなたに、両方をさずけよう」となるんや・・・・と・・・ほんの数秒の間に、そこまで考えた・・・・が・・・なんか、ちやう? 女神様の持ってるものは、WGストーブではなく・・・なんか、皿のようだ・・・スプーン?のってる?うん?カレー?カレーや?なんや・・・カレーや・・・・古いも新しいも・・・右手のカレーと左手のカレーには、差別できるものは、なにもなかった・・・その時、女神様の口から出た言葉・・・。
「おまえは、どちらかをえらび食さないと・・・生きのびられない」
「はいはい・・・・どっちもいっしょやん・・・・ええっっっと」
「よいか、よく聞け、「う○こ味のカレー」と「カレー味のう○こ」どちらかをえらべ」
「・・・・・はっ?」「なんて?」なんて・・・・おっしゃったの女神さま・・・・
突然、光輝く、白いドレスをまとった女神様が、ばかぼんのパパにみえた。
うーーーーーん・・・・と悩むわたし、
う○こ味やけど・・・カレーなんや・・・けど、それはたべられへんやろ・・・う○こはたべたことないけど・・・おいしないやろ・・・・けど、カレー味のう○こ・・・・は、カレー味やけど、結局う○こ、食べる事になるんや・・・・と・・・・悩みだすわたし。「さぁ」「さぁ」と詰め寄るばかぼんパパ女神様・・・・と、うなされながら、目がさめた。さぁ、みなさんなら、この究極の選択どっちにする?


2001.4/16(月)・春はおわった・・・夏や!というくらいのあつさ
おかしい・・・・日記を書こうとしたのに、なぜか、このファイルだけひらかへん。なんかにたたられてるんやろか??とりあえず、ネット公開しているものをコピペして、udaudaのファイルをすべて捨てさって、新しく作った・・・。気持ちが悪いので、色も明るめにした・・・いらん gifアニメも捨てた・・・
昨夜は、洗面所の電気をつけずに、ドライヤーをかけていたら「かちんかちん」となにやら、電気のつく音・・・・鏡の方をみずに、髪をかわかしていたので、「ん?なんのおと」と顔を上げると、洗面所の電気がついている・・・・おいおい、とうとう、1階にもあらわれたのか・・・。ぎゃーーーー(@@)

2001.4/11(水)・どぴーかん(あっっぅぅう〜)
近頃、ときどき・・・おかしい事がおこる。下の部屋にいてるのに、突然二階のテレビがつくのだ・・・・きもちわるーーーーい。ときには、スゴイ、大きな音でつくときがある・・・ばたばたと二階にあがり、二階には、誰もおらへん、その部屋をあけると・・・テレビはついてないのである・・・階段の途中まで・・・あんなに大きな音が聞こえてたのに???どうなってるんだろ?もちろん、タイマーなんてかけてないし・・・。私だけが何か、カンチガイをしているのだろうと思っていたが、数日前、息子がわたしに「なぁ、僕二階から降りて来るとき、テレビ消してきたのに・・・音がすんねん。絶対、絶対消してきたのに・・・・」と、ぶつぶつ言うていた。なにか原因があるはずなんだけど・・・私達には、わからない。わかっている事は、二階のその部屋にいる時・・・突然スイッチがはいった事がないと言うことだ・・・きっと、階下のなにかに反応しているのだろうけど・・・わからない・・・それとも、ほんものの、ポルター・ガイスト・・・やったりしてぇ〜。

2001.4/9(月)・くもりところにより晴
それは・・・それは・・・大きな夢がふくらみました。日時計の丘公園キャンプ場で・・・深夜2:30さかぽんの携帯が鳴る。「家でなにかよからぬ事があったんや!」と・・・あわてて出る。高校1年生になる息子だった・・・興奮している・・・すっごい・・・興奮している。
かいつまんで話すと・・・totoを買いたくて、歳をいつわって、購入した・・・それがなんと、1試合はずしだけで、あとは全部あたってて・・・明日の2試合があたれば、2等だと・・・いうのだ・・・。はやっているのは、知っているが・・・どういうシステムなのかよく知らない、私と息子は・・に、に、に、にとう・・・あの・・・1等が1億円やったやつやんなぁ・・・と確認を取り合う・・・しらないというのは、おそろしいことだ・・・深夜2:40・・・私と息子は、興奮状態・・・すかさずお願い「な、な、500万ほどのんでいいから、キャンピングカーこーて」「・・・・」「なぁなぁ・・・ええやんか・・・こーて」「うん・・・いいよ、半分あげるやん」「ほ、ほ、ほんま!」は、は、はんぶん・・・・3000万としても、1500万はある。う〜ん、スマップのなかい君のCMを思い出してしまった・・・。そら、息子だろうがなんだろうが、こびてしまいますわ。はははは。わたしは、夢見る夢子ちゃんで・・・寝た。ええ息子を持った・・・しあわせものだ。シュラフの羽毛が万札にかわっていく夢をみながら・・・


ところが、翌日・・・残り試合は全部はずれて・・・3等だという。ええやん・・・ええやん・・・1等1億円の3等やから・・・800万はあるやろ〜・・・とにんまり。「僕、未成年やし、交換絶対いかれへんし、いってくれる?」と、息子。「へいっ!よろこんで」と、わたし・・・、ふっふっふっ、あかん、笑いがとまらへん、ふっふっふっひっひっひっ。その次の息子の言葉は・・・「おまえ〜!虐待したろか!」とおもわんばかりのせりふであった。

「半分やし、170円ずつな。1等の人でも4万円しかなかってんて・・・けど、すごいやろ・・・僕、100円が340円になってんで・・・・」

ぎゃゃやややややっつつつつ〜・・・・誰が170円のために、換金にいくか!ど・あ・ほ!
いや、どあほは・・わたしか・・・・はははは。そんな、うまい話あるわけないわなぁ〜。


2001.4/4(水)・晴
近頃良く耳にする言葉の中に「ほんまですかぁ〜」という言葉がある。わたしは、この言葉を「へりくだった丁寧語」と読んでいる。「うっそぉおおお〜」と怪訝な目でみられるより、ずっとましだが・・・「ほんとぅ?」と素直に疑問を持たれてもいないよーな・・・ちょっと斜めからかまえて、いかにも・・・・その話は、うそじゃないんですか?と、丁寧な口調でいいはなつような「ほんまですかぁ〜」という言葉・・・。言い方・・・でかなり印象はかわるのだが・・・。たとえば、目を輝かせ「ほんまですか!」と、言い切る場合は、こちら側も、そう悪い気はしない。が・・・、ちょっと疑惑ありげな目で・・・「ほんまっすかぁああ〜」の、感じて言われた場合「あ・・・こいつ、絶対、信用してないなぁ」と感じてしまうのである。


誰かに、何かを伝えた時の反応・・・あなたはどれがいいですか?
●「うっそぉおお〜」
●「ほんまですかぁ〜」
●「そうなんですか?」
●「うそでしょう?」
なんか・・・どれも・・・・。と、なると、私自身、人に対して、どう・・・答えればいいのか?
なやんでしまうなぁ〜。


2001.4/2(月)・晴
別に誰に読んでもらうという事でもないけれど・・・この歳(どの歳?)になると、世の中「うだうだ」言いたくなることいっぱいなんで・・・書き込む事にした。


ダ○エー南桂店の2Fの下着売場のレジのおねーちゃん!そら、あんた・・・もう閉店10分前やから・・・携帯電話でしゃべらなあかん事もあったんやろーけど・・・広い売り場にゃ、あんたと私だけやん・・・なんで、レジ前で、わたしゃ、あんたの電話がおわるのを待ってなあかんわけ?レジ前に人が来たら、電話きりーや!あんたしか、レジ打つ人おらんやろ・・・。それともなにか・・閉店ぎりぎりにバーゲンのパンツこーたわたしが・・・悪いんか?!



もどる