2000/4/24
4月22日〜23日の1泊2日で、スノーピークのキャンプ大会(全国で5箇所)の四国大会に参加してきた。大好きなメーカーさんのキャンプ大会・・・参加希望は、ネットで、という事だった。数ヶ月前のこと・・・そそくさと、参加募集フォームに入力する「送信」のボタンを押す・・・あれ?画面がかわらない。おっかしーな、再度挑戦!うんともすんとも反応がない・・・絶対いきたいという気持ちがあったので、問い合わせメールをした。「ちゃんとやってるのに、送信できひん」という内容のもの・・・すぐさま返事がきた。「こちらの手違いで、フォームがおかしくなっていました、直しましたので・・・再度入力を」との事だった・・・ふたたび、入力画面へ・・住所・名前・・・入力後、「送信」ボタンを押す。ぱっとフォームがきえてなくなった??あれ??確認画面とか、でーへんのかなぁ〜。なんか不安・・・まぁ、大丈夫やろ・・・と、そして、時は流れ、4月にはいる、参加者のみなさんには、参加日2週間前にお手紙を・・・とかかれていたはずなのに、すでにあと、10日しかないというのに・・・うちに手紙どころか、はがきも来ない・・・なんや、いやーな予感がした。メールや、メール・・・問い合わせや、とすぐさま予約がとれているかのメールを打つ・・・すぐに返事が来た。予約受理されていないとのこと・・・がーーーん
やっぱりや・・・やっぱりや・・・いやな予感は的中した。なかば、怒りがはいったメールを送る。「わたしは、何度も入力したこと」を強調した。すでに四国大会の申込みは締め切られていたのだった。と・・・必要事項をメールで送ってくださいとの事・・・いける!
やった・・・いけるんや。住所・氏名・電話番号等必要事項を書き込み・・・とってもやさしい文面になったさかぽんのメールはスノーピークへと・・・すると、なんと、その後、スノーピーク社長からじきじきのメール・・・・大変申し訳ない事をしたこと・・・・責任をもって予約完了し、サイトをおさえたこと・・・・そして、「四国でおあいしましょう」としめくくられていた。ぎゃーーーー。あの、スノーピークの社長から、じきじきのメールやで〜。「おあいしましょう」やで〜。知人・親戚にいいまわったわ。そして、そのメールはうちの家宝となる。なにがあっても・・・いくぞ、絶対社長さんにお会いするんだ!と心にちかった。

いよいよ、4月22日・・・瀬戸大橋をちんたら渡り、会場の高知へつく・・・受付のお嬢さんに挨拶をして、チェックイン。設営・・・・スノーピークのスタッフのみなさんが、サイトコンテストのために各サイトをまわっている。なんと、さかぽんサイトで「とれまん」になってくれた・・・それもみずから・・・たのしいスタッフ達だ。社長の姿はみあたらない・・・というより、わたしは、スノーピークの社長の顔を知らないのだ、が、しかし、スノーピークの社長だから、きっと夜の焚き火トークの時に、すーっと、車でお越しになるのだろうと勝手に思っていた。

夜8:00
焚き火トークが始まった・・・。わたしのとなりに、昼間受付にいた、おねーさんがいる・・・なかなかの美形だ。
さかぽん「社員さん?」
おねーさん「はい」
さ「もう働いてながいの?」
求人雑誌をつくっている性格上どうしても・・・こういう質問になってしまう。スノーピークスタッフ募集!なんて、うちの雑誌にのったら、アウトドア大好き少年がやまもりあつまるだろな〜とおもいながらの質問だった。
おねーさん「いえ、まだ、短いです」
さかぽん「なんや、新人さんかいなぁ〜」「あちこち、てんてんとして、スノーピークさんにってやつ?」
おねーさん「はい・・・・ま、まぁ」
さかぽん「よかったやん!なぁ、よかったやん、就職できてよかったなぁ」
おねーさん「ええ・・まあ」
さかぽん「キャンプしはんの?」
おねーさん「ええ・・・あまり・・・・」
さかぽん「ふーん、そうかぁ・・・社員割引で、やすぅ買えるねんやろ?」ちょっとおばはんがはいってきた。
おねーさん「はぁ・・・まぁ・・・けど、借りてつかうんです」
さかぽん「そうかそうか、試しに使うわけや・・・レポートださなあかんやろ・・・・たいへんやろ。会社は、うるさいからなぁ」
おねーさん「は、はぁ」
さかぽん「なぁ、やっぱり、絶対スノーピークの製品しかつこたらあかんの?」
おねーさん「いえ、そんな事ないです。他のもつかってますよ(笑)」
さかぽん「はははは、そうかいなぁ」
と、うちとけてきたところで・・・・わたしは、
さかぽん「とれまんならへん?」
おねーさん「いいんですか?」
さかぽん「ええよええよ、アップでのせるで〜」
おねーさん「やりまーーーーす」と、わざわざ、ジャケットを脱いで(まわりの人は、なにはじまるん?という目でみていたのを彼女は気がついていただろーか)フリース1枚になってくれた。
はいポーズ、カシャ!ぎゃははははは。あやしい、トレマンいっちょうあがり!

社長の姿は依然見えない・・・・。
さかぽん「なぁなぁ社長さんってどれ?」とうとつに聞いてみた。
おねーさん「社長?ですか?・・・・えっっっと、あ、あそこです」
えっどこ?・・・・あそこって?あそこって・・・・・あの人??
昼間、サイトでとれまんして、あほしてた、おじさんやん・・・・
えっ??しゃ・しゃ・しゃちょーなん
あのおっさんが・・・・いや失礼!あの、お方様が・・・社長様・・・・ぎゃーーーーやってしもた〜。昼間さんざん失礼をぶっきらこいてしまった。がはははははは。穴があったらはいりたいわ・・・・。あとでちゃんと挨拶しとこー。
さかぽん「そうかいな〜あの人が社長なん」
おねーさん「はい」
さかぽん「そうかいな〜」「歳いくつやろ?」
おねーさん「・・・・・」
さかぽん「わたし、メールもろてね・・・・」と、いきさつを話した。
おねーさん「けっこう、こまめなとこあるんです。うちのしゃちょー」
さかぽん「ふーん、そうなんや」「あっ、ところで、とれまんアップしとくし、名前おしえてーな」
おねーさん「や・ま・い・・・です」
さかぽん「山井さんね、はいはい・・・・」
おねーさん「佳子です。」
さかぽん「はいはい、や・ま・い・・・・?やまい?
やまいって・・・・・」(スノーピークの社長さんの名前たしか、山井とちゃうかったっけ??えっ??わたしの頭は、まっしろしろ、胸はドーンドーンとなっている)
さかぽん「あの・・・・ひょっとして、山井さんということは・・・・あの・・・・」
だんだん、声がちいさくなる。社員割引で・・・安買えて、あんたらええなぁ〜からはじまり・・・トレマンにまでしてしまった・・・・あの・・・・山井さんっておっしゃいましたよね〜・・・あの・・・と、だんだんフェイドアウトしていくさかぽんの声に、のしかかるように、おねーさんは、はっきりとした口調で。
おねーさん
「妹です。母が会長をしております!」
ぐわーーーーーん。あーあー、またやってもた。社長が兄で、会長が母・・・・とほほ、そんな・・・・とほほ。
誰か・・・・穴、掘ってくだしゃい。

だれかれなしに、なんでもしゃべりゃ〜ええっちゆーもんとちゃう。
8:47頃に桜吹雪を見せられた悪代官・・・・葵のもんどころの印籠を「目にはいらぬか!」といってつきつけられた、悪の越後屋・・・あんたらのおどろきの気持ち、よーわかったでぇ〜。

スノーピーク | もどる